男にも更年期障害はある!

Pocket


中高年の男性ならばエイジングケア(アンチエイジング)は必須です。

なぜなら、若くあろうと色々と行動することが更年期障害を防ぐことに繋がるからです。

「男なのに更年期障害?」
こう疑問に思う人もいるでしょう。

たしかに更年期障害と言えば女性のイメージが強いです。

しかし、最近になって男でも更年期障害になることが分かったのです。

そして、今、この男の更年期障害に悩む人の数が増えてきているのです。

「男の更年期障害ってどういうの?」

女性の更年期障害とは違って男性の更年期障害は判断がしづらいです。

一見するとただの怠けていたり、呆けている風にしか見えないので自他の不理解のせいで病気として認知されにくいのです。

また、最悪の場合だと「年相応に落ち着いただけ」と誤解される恐れもあります。

そのため、男性の更年期障害は対処が遅れがちという特徴があります。

男性の更年期障害も女性のものと同じく放置しておくと危うい事態になってしまう可能性が高いです。

そのため、当サイトで男性の更年期障害に対する理解を深めましょう。

男の更年期障害が出やすい人

男の更年期障害は周りは勿論、自分自身でさえなかなか気付けないものです。

そのため、気付いたときには更年期障害だったということも珍しくありません。

この手遅れを防ぐためには男の更年期障害の原因や症状を知ることが重要ですが、まずはどんな人が更年期障害になりやすいのかを知ることが重要です。

もし心当たりあるのなら自己診断してみましょう。

几帳面で真面目、責任感が強い人
ストレスを溜めこみやすく、それが引き金となって更年期障害を起こしてしまうことが多いです。
こういった人の更年期障害は「自分が几帳面で真面目で責任感が強い」という事実がまたストレスの元となるので悪化しやすいです。
男らしい性格の人
男らしい性格の人は人より多くの男性ホルモンが分泌されていることが多いです。
しかし、更年期に入って男性ホルモンの分泌が落ち着き始めると急激なホルモンの分泌量の落差に体がついていかずに更年期障害が出てしまうことがあります。
運動不足の人
体を動かすということをあまりしない人は体と心の老化が早くなってしまいがちなので更年期障害になりやすいです。

この3つのことにあてはまる人は自分が更年期障害かどうかを一度調べてみましょう。